キャビテーションのメリットやデメリット&副作用

最近圧倒的人気を誇っているダイエット法「キャビテーションエステ」ですが、セルライト除去に最も効果があると多くの女性から支持を得ているのですが、メリットばかりではなくデメリットもあります。ご利用する際は、しっかりとキャビテーションのメリットとデメリットを理解したうえでチャレンジするようにしてください。

キャビテーションのメリット

キャビテーションエステのメリットとしては、カチカチに固まってしまったセルライトを簡単に除去できると言う事です。今まで数々のダイエット方法を試してきたけど、セルライトだけは除去できなかったと言う方は非常に多いです。また、せっかく痩せたのにリバウンドしてしまったと言う方も非常に多いのが現状です。しかしキャビテーションならそのような心配は無用なのです。あなたのカチカチに硬まってしまったセルライトも簡単に除去できますし、リバウンドも8割以上の方がしないと言う医師も認めた最も効果のあるダイエット方法なのです。キャビテーションの事を脂肪吸引と勘違いされている方も多いみたいですが、脂肪吸引とは違いますのでご安心ください。脂肪吸引と言えば手術で、メスを使用したりしますが、キャビテーションは手術ではないですし、メスなどの医療器具も一切使用しません。ですから痛みもなく安心安全な痩身法と言う認識で大丈夫です。また、キャビテーションエステは「部分痩せ」も可能で、気になる部分を集中的に施術する事も可能となっています。キャビテーションがなぜ安全なのかと言いますと、特殊な超音波が不要な脂肪細胞にのみ働きかけるので他の部分には一切影響しないので負担が無いのです。本当にムダな脂肪細胞だけを分解して老廃物として体外へ排泄させる事ができるので、今までのダイエット法で満足いかなかったと言う方はキャビテーションダイエットを是非お試しください。初めは不安と言う方は、まずは体験コースなどを利用するようにしましょう。

キャビテーションのデメリット

キャビテーションのデメリットとしては、「お金がかかる事」「一時的に下痢の症状が現れる場合がある」ですから、キャビテーションエステを始める前、施術後はしっかりと体調管理をする事が必要になってきます。また、特殊な骨伝導式の超音波を使用するので骨伝導音(キーンと響くような音)が気になる場合もあります。キャビテーションで脂肪細胞(セルライト)を柔らかく解した後は、リンパマッサージをする必要があります。これは、せっかく柔らかくなった脂肪細胞を老廃物としてリンパに流し、体外に排泄する為に行うのですが、エステサロンによっては別途料金が必要になる場合があります。キャビテーション後のリンパマッサージは必須で、キャビテーション施術後約2時間以内に脂肪細胞をリンパに流さないと意味がなく、せっかく柔らかく解された脂肪細胞が再度硬化してしまいます。こうなってしまっては本末転倒なので、キャビテーション施術後のアフターケアであるリンパマッサージまでしっかりとしてくれるエステサロンを選ぶようにしてください。それから、キャビテーションはアフターケアが重要で水分を多く補給して、軽い運動やサウナ等で汗をかいたりする事を心がけてください。こうする事で新陳代謝が高まってキャビテーション効果を十二分に引き出す事が可能となります。キャビテーションエステは最も効果的なダイエット方法ですが、アフターケアや体調管理がとても重要になってきますので注意が必要です。体調管理やアフターケアがしっかりできるのであれば、キャビテーションダイエットにデメリットは無いと言っても間違いではありません。

キャビテーションエステに関する副作用

キャビテーションエステは非常に効果のダイエット方法ですが、気になるのは副作用の事だと思います。現時点でキャビテーションに関する「副作用」の報告は受けておりません。従ってキャビテーションエステは非常に安全で安心できるダイエット方法なのです。もちろんデメリットは、上記で述べたようにあるのですが、しっかりと管理できるのであれば問題ありません。キャビテーションエステを利用したダイエットに興味がある方は、是非キャビテーションの体験をしてみてください。

rank-go